Ferrari F355 クラッチ交換

クラッチの違和感で入庫されたF355ですが、今イタリアからの部品の

輸入が通常よりも少し時間ががかかってしまい、お待たせしてしまいましたが

やっと部品が届いたので、クラッチを分解してみると

見事にディスクはすり減ってしまっていました。

ここまで汚れていると、部品の交換時間よりも清掃のほうが時間がかかります・・・

注文した部品だけで修理完了しそうなので、少しほっとしました^^

 

Diligent Technical Service
〒454-0844
愛知県名古屋市中川区葉池町1-84
Tel:052-365-3200
E-Mail:info@dts-nagoya.jp
URL:https://www.dts-nagoya.jp/
Facebook:Diligent Technical Service – DTS
Instagram:dts_nagoya

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください